スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北海道旅行記

すんごく今更な北海道旅行記。
先生。旅が終わって1ヶ月以上経っているんですが。


それでも、まだ書いていない草津旅行に比べれば、まだましというこの現状(ぉ


実は出発の二日前の夜に,熱が38度5分出ているという緊急事態を迎えており、
部長には、『もしかしたら行けないかもしれない』旨のメールを送っていました。

幸運にも,一日寝たら,翌日にはほぼ回復しましたが,それでも不安を抱えながらの出発。

あ。今回は写真を抜いておりますが、ご容赦を。


<1日目>

関空までバスで移動し,そこから飛行機で女満別(おまんべつ)空港へ。
部長との合流までやや時間があったので,網走刑務所の博物館(?)を見学してから,移動。


しかし,網走駅前は,本当に時間を潰す所が無いね・・・・・・(ぉ

夜食は,カレイの活け作りが,コリコリしててマジ旨かったです。
お酒を飲める体調で無かったことだけが恨めしい・・・・・・



<2日目>

この日は知床巡り。
バスで知床まで移動して,遊覧船その他諸々でゆったり過ごす。

唯一の誤算は,予定よりかなり早く,行きたいところへ行ってしまったこと。
地元民がいると,やっぱり違うなあ。



<3日目>

朝に部長と別れ,ここからはいつもの一人旅。
バスと電車を乗り継いで,川湯温泉まで来る。

本来ならこの付近で宿に泊まって一日終了のはずだったのですが,
予定より早く着いた(午後1時くらい?)ので,レンタカー(車種はデミオ)を24時間で借りて,摩周湖と屈斜路湖を巡る。
しかし噂に聞いていましたが,北海道の道は本当に走りやすい。道はまっすぐで道幅も広く,前後からあまり車も来ない・・・・・・
車の運転があまり好きではない私も,本当に気分が良かったです。

ちなみにBGMは如月千早のMAがエンドレス。きーえるひこーきぐもー♪(ぉ

もうちょっとCD持って行けば良かったな。


摩周湖は綺麗でしたねえ・・・・・・天気が良かったら,もっと良かったのかな。
まあ,霧が少なかっただけでもマシか。

屈斜路湖は,あそこまで大きくなると,海にしか見えん(w

余談ながら,泊まった宿で,陸上関係の記者さんとご一緒になる。
中央大学の駅伝部の合宿について取材しているそうで。

今年の大学駅伝について話しましたが,やっぱり駒澤が強そうです。まあ,そうだろうなあ。
宿のおじさんもえらくフランクでした。山菜とにんにくの芽が美味しかったです。


<4日目>

この日もレンタカーで阿寒湖へ。
ところが,道中が激しい霧で,一寸先が本当に見えない。
40キロ制限の道路を30キロくらいで走りましたよ,ええ・・・・・・

阿寒湖まで行くと,霧もだいぶ晴れていましたが,小雨のぱらつく悪天候。
遊覧船でぐるりと巡り,まりもも見て,アイヌコタンも眺め,とりあえず満足。

そのまま釧路湿原の展望台へと急行。
サテライト展望台から見た眺めは,実にすばらしかったです。

このまま釧路駅へ行き,レンタカーを返却。
予定よりかなり早く着いたので,ノロッコ号にも乗ってみました。ゆったり。

夜は釧路名物炉端焼き。
サンマとスルメイカが美味しかったですなあ。


<5日目>

問題がこの日。
本来ならこの日に回るところを,前日までに全て回ってしまったわけで・・・・・・w

前日夜にかなり悩みましたが,結局,レンタカーを借りて帯広まで行くというプランを選択しました。
(ちなみに,午後までマンガ喫茶で潰すというプランもあったが,さすがに不採択)

主に,めがねんさんに,「とかち行ってきましたよ!!」と自慢するためだけに(あほか
片道,約120kmの日帰りの旅路。タイムリミットは空港に午後五時。あほか。

帯広では,豚丼を食べ,紫竹ガーデンとどっかの牧場(ぉぃ)を巡る
しかし何よりも,視界一面を畑と防風林だけで埋め尽くされる光景が一番記憶に残りましたね・・・

あ。豚丼も美味しかった。
でもあれはサラダでも無いと,味が濃すぎるw

で,あとは釧路空港→関空→徳島と移動し,帰宅。
余談ながら,駅から自宅まで歩く間に,突然の大雨にやられました。最後までこんなか・・・・・・(涙

[ 2008/10/02 20:02 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoneko0407.blog38.fc2.com/tb.php/99-b3e5a85a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。