スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第4回目補足

・ETF
「Exchange - Traded Fund」の略で証券取引所(Exchenge)で取引可能(Traded)な投資信託(Fund)」
のこと。略す前の、そのまんまの意味です。TOPIXや日経平均に追随するETFも多いです。

インデックスファンドとの違いはコストと最低投資金額。
売買手数料はインデックスファンドが安い(ほぼ無料と約1000円くらい)が、信託報酬は圧倒的にETFが安い(0.6%と0.1%くらい)です。
ただ、ETFは最低投資金額が10万円くらいからになります。

長期で大きい金額を投資するなら、ETFの方がお得でしょうね。


・プロが平均に負ける理由
動画には書きませんでしたが、ファンドマネージャーには毎年決算があり、その投資成績で待遇が変わるため、当面の利益確保のための不必要な売買が行われることがあるようです。
また投資先の評価は、評価される企業との関係もあるので、基本的に甘めの評価になるようです。

まあ、プロといっても、ほとんどがサラリーマンですから。
とはいえ、サルと比べるアメリカはちょっと酷いと思わなくもないw


・日経平均とTOPIXの違い
日経平均は東証1部上場の225銘柄が対象、TOPIXは東証1部上場の全銘柄が対象。
日経平均は大企業が多く値がさ株の影響を受けるため、投資するなら市場全体に投資できる、TOPIXに追随するするファンドの方が良いのではないかと、私は思っています。

・効率的な市場
動画にも書いたように、情報が瞬時に行き渡ってすぐに株価が是正される市場のことですね。
だから、情報による投資は意味が無い、と。

ただ、投資先進国のアメリカは効率的な市場と言われていますが、日本がそうかと言われると、そこは議論のあるところですね。

もっとも、自力で株の売買を頻繁に繰り返すと手数料がバカになりませんので、オススメはできません。

・私のアセットアロケーション
預貯金を入れるの忘れてたw
修正後は、日本株式3.5、日本債券0、海外株式4.5、海外債券1、預貯金1です。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoneko0407.blog38.fc2.com/tb.php/83-558b0e27





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。