スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


さて、今日はブログとは別の場所で話題にした公務員の話題についてです。



フ「こちらでは、はじめましてになるわね。アシスタントのフィーです」

蒼「というわけで、blogになってもフィーにはアシスタントとして頑張ってもらいます」

フ「ふっふっふ。私が新しいブログに出るのかまったく興味が無かった人間なんて、死んでしまえばいいんだ・・・(( ゚Д゚)呪」

蒼「・・・あまり不穏当な事は言わないようにな」

フ「はいはい。で、公務員の話題についてだわね。一応、今の貴方がやってる仕事の」

蒼「一応って何だ。まあそんなこともあって、『公務員ってどんな感じなんですか』と聞かれることも多いわけなんで、こんなコーナー作ってみたわけだけど」

フ「まあ、就職活動中の人とかもいるだろうしね。で、一言で言うならどんな感じなの」

蒼「一言で、というのも難しいんだけどなあ。強いて言うなら『まちまち』かなあ」

フ「はい。わかりにくい上に、まったく答えになってないお言葉をありがとうございます」

蒼「というか、一言でというのが無理なんだよ。公務員って一言でいっても、国家公務員もいれば都道府県の公務員もいれば市町村の公務員もいる。また事務職の公務員もいれば技術職の公務員もいるわけで、まとめる方が無理」

フ「仕事量はどうなの」

蒼「うーん。暇で暇でしょうがないとか言ってる公務員も知ってるし、深夜、終電終わった後でないと帰れない公務員も知ってるしなあ」

フ「・・・・・・亡くなった同期もいたわねえ」

蒼「・・・まあ、色々あるわねえ。強いて言うなら、中枢に近づくほど仕事量は増える傾向はあるねえ。無理やり平均すれば、地方よりは国が忙しいし、出先機関よりは本省(庁)が忙しいかな。あくまでも平均だけどね。これだけだと市町村は暇なのかと思われるだろうけど、逆に災害とか何かあったときは、市町村の職員は不眠不休のモードになるしねえ」

フ「仕事の分担ができてないんじゃないの?」

蒼「うん。まあ、そう思うことは多いねえ・・・」

フ「給料については?」

蒼「地方だとまあ悪くないんじゃないかな。とはいえ、夕張や大阪府の例が顕著だけど、この後、どこまで下がるかわからないという問題はあるし、大きい会社の人と話してると、しょんぼりすることも多いけどねえ。あまり将来に明るい展望は無いかなあ。
 最大の問題は国の人とか都会の公務員で、物価も加味すると、絶対仕事量と給与の割が合わないと思うんだけどね・・・よく頑張れるなあ、というのが偽らざる本音だよ」

フ「まあ、居酒屋タクシーが問題に上がってたけど、本省の人はタクシーで無いと帰れない人がかなり多いらしいわね」

蒼「うん。それで、給料は民間の人と比べるとだいぶ落ちるからね。正直、『国家を支えてる』という自負心がないと辛いと思うよ」

フ「残業代とかは出ないの?」

蒼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・うん、まあ、色々あるんじゃないかなー」

フ「(・・・禁句に触れたかしら)」

蒼「あと、色々あったからしょうがないんだけれど、今の公務員ってバッシングの対象だからねえ。周囲の目は厳しいとは思うよ。自分も、外では自分の職業はできる限り言わないようにしてるし」

フ「・・・不満たらたらね」

蒼「というより、どの分野でもそうなんだろうけど、中にいるとどうしても問題点が目立つんだよなあ。でもまあ、落ち着いた職場も多いし、何より『クビになりにくい』ということで、安心して仕事できるのが一番の利点かな。問題点としては、『何でこいつクビにならないんだ』と思う上司もいるけどねー」

フ「はいはい。じゃあ、今日はこのあたりで」

蒼「とりあえず今回は仕事量と給与についてざっと答えてみましたが、他にも聞きたいことがあれば聞いてください。判る範囲で答えていきます」

フ「答えにくい質問には、ブログではなく、メールでの回答になるかもしれませんけどねーw」

蒼「ではでは~」
[ 2008/07/07 22:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

No title

 金融職員と対応してても、一番ひどいのがやっぱり公務員なんですよね……。もちろんしっかりした対応をしてくださる方もいますが、一般企業に比べて言葉を選ばないと世間知らずとも思える人が多いのも事実。
 まあ公務員の中でも一番アレと感じる率が高いのは教師なんですがw
 国家のためにという自負がないとやっていけないだろうなぁというのは強く感じます。
 給料は、田舎だと相対的に高く、都会だと低いという印象でした。これも国という制度の弊害ですかねぇ。

 >コイツなんでクビに
 まあ、一般企業でも正社員はクビキリしにくいということでひとつw
 自殺未遂にまで追い込んだりというのを何度もやらかしていてもクビにならない店長が、ウチのとある支店にはいたりもしますわーw
[ 2008/07/07 22:59 ] [ 編集 ]

No title

つづきさんも書いてますが、民間でも正社員の解雇はかなり難しいです。

大きい企業になればなるほど、「なんでこの人いるんだろ?」って人は増えますね。
中小企業では、そういう人はほとんどいないです。なぜなら、そんな人を雇ってる余裕ないんで。
[ 2008/07/08 07:11 ] [ 編集 ]

No title

>つづきさん

あー、耳が痛い(^^;
給料については地方が下がってきて、都会の方には手当が付くようになったので、多少は改善されたのでしょうが、相変わらずその傾向はあると思います。

ちなみに、私が知っているところだけでも、部下が自殺未遂どころか・・・あー、うん、省略。


>大海さん
妙な人って、意外に多いですよねえ。
(特定の業種限定でしょうが)一時期はリストラで解雇解雇という話題が踊っていましたが、今は逆に採用採用になっていますね。
[ 2008/07/08 23:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoneko0407.blog38.fc2.com/tb.php/7-8d6bae7a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。