スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分の中での区切り~アイマス劇場版を見て~

アイマス劇場版良かったです(こなみ


公開から一ヶ月を過ぎた今更? 
というツッコミは、取り敢えず置いておこう。



いや、しかし本当に良かったですよ。
アニメ版で大体のことは終わっていたので、どうしてくるかと思ってましたが、ミリマス勢をうまく絡めてきましたね。
コンセプトを分かりやすく言うなら、「『先輩』となったアイドル達の物語」といったところでしょうか。

春香は悩みながらも先輩してましたし、雪歩がミリマス勢に『頼って欲しい』と言ってるところには成長を感じましたね。
そして、それを見守る貴音さんの温かい眼差し。

しかし、伊織はほんと精神年齢高いよなあ。あの中で、一番考え方が大人じゃないかね。
亜美真美は癒やし。


……とまあ、『でぶにゃん』という単語が頭の中を回りつつ(ごめんなさい)、ゆったりと道中を見ていたのですが。

最後のライブシーンで。




画面の中のライブを見ていて、自分gなライブに(観客として)参加している気持ちになるわけでもなく、そこに参加したいという気持ちになるわけでもなく、また実際に行ったライブを懐かしいと感じるわけでもなく、どこか遠くから俯瞰でライブを見ているような感じになりました。そして奇妙な寂寥感。

幸せそうなライブシーンの中、頭の中を巡っていたのは、「ゆりしーは、幸せにやっていけてるのだろうか」ということでした。

それに気付いた時、「自分の中でのアイマスは、2010年の幕張で終わっていたんだな」と、理解出来ました。
だいぶ遅くなったけどね。





鑑賞後、知り合いのPにメールで連絡を取り、ある頼み事をしました。




そして今日。持っていた本家のアイマスCDを、快く承諾してくれたPに譲ってきました。
新しいPと、これからも元気でやるんだぞ。


手元に残した、雪歩の「Kosmos, Cosmos」と、「ALRIGHT*」のCDは未練かねえw
我ながら女々しいねえwww


これでアイマスから離れるというわけではないですが、とりあえず一つの区切りを付けさせていただきました。


ありがとう。

[ 2014/02/25 21:34 ] アイマス(ニコ動以外) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoneko0407.blog38.fc2.com/tb.php/565-3dec8a65





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。