スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボードゲーム会 in 高松

こないだの週末は土曜日に高知→四国カルスト→道後温泉。
そして、日曜日は高松でのボードゲーム会「さぬきの開拓者たち」に参加してきました。


今回は参加者も多く、合計18名(男性10名、女性5名、子供3人)と大所帯でした。
以前、4人とかだった時が、むしろ懐かしく感じますね。


では、自分が遊んだゲームのみですがレビュー。



1.ドミニオン(初期セット)

3人戦。
右で改築・地下所蔵庫(デッキ圧縮)、左で祝宴・庭園(デッキ増やす)と、両極端なプレイが見られる中、ひとり普通にプレイして、普通に勝ってたという、まるでネタにならない結果。

……勝ったのに、負けた気分がするのは何故だろう?


2.カフェ・インターナショナル

どんなゲームかは、リンク先を参照(ぉ
4人戦。どうやったら上手く点を取れるのか、上手く妨害できるのかを考えつかないままゲーム終了。圧倒的最下位でした。
敗因もよくわからなかった。うーん?


3.ラングフィンガー

どんなゲームかは(ry


5人戦。やれるアクションが5つあり、それぞれが順番にアクションを選んでいくというゲーム。最初に20点取ったら勝ち。
初戦は最初手札重視で、最後に2個まとめて商品を換金してギリギリ20点にして勝利。


2戦目は1戦目よりさらに手札重視でいったら、手が遅れすぎた。
最後、無理やり宝箱(換金の必要なく得点になる)を集めて追い掛けるが、6点くらいにいた人が一気に20点まで行って終了。
あのタイミングで終わるとは思わなかった……


(続く)
[ 2011/06/08 20:45 ] ボードゲーム・TRPG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoneko0407.blog38.fc2.com/tb.php/473-18856cf9





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。