スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビール色々

・エルディンガー ヴァイスビア “ピカントゥス


ドイツビールその1。香りは薄く、色は濃いブラウン。
度数は7.8%と高いが、まったりとした苦味で飲みやすい。

落ち着いた感じのビールで、特別美味しいというわけではないが、安定した味。

リンク先で『コクがある味』と評されているが、なるほどそんな感じ。




・Schneider Aventinus Eisbock

ドイツビールその2。アルコール度数12%という、狂気のビールw

色は濃いブラウン。一応ヴァイツェンなので甘さも若干あるけれど、
それを遥かに上回る刺激の強さ。苦味というより、とにかくパンチ力があるとしか言いようがない。
香りについては、カラメルっぽい香り?

結構濃い味のつまみと一緒に食べているんですが、それを遥かに上回る強さ。
苦くないのに刺激が強いって、ビールでは初めての感覚かも。

喉に刺激が来るんじゃなくて、胃に入ってから刺激が来る感じ。

ちなみにアイスボックとは、『ビールを氷結させて氷を取り除くことにより、アルコール度数を高めたビール』のことらしい。


オルヴァル

ベルギーの有名な修道院ビール。
これも有名なデュベルよりはパンチがきつい感じですが、どうもあまり保存状態がよくないものを引いた感じなので、
正確な評価はまたいつか。
[ 2010/04/28 21:31 ] 酒関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoneko0407.blog38.fc2.com/tb.php/396-1fdaa7a6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。