スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぜのくらしあ

というわけで、今日は賛否両論というか、ぶっちゃけ否の方が強い(苦笑)、何故かロボットアニメになってしまったアイドルマスターゼノクラシアでございます。
激しく今更ではありますが、改めて感想を。

私としては、アイマス本体に深くハマる前にゼノクラシアを観たからか、そんなに違和感はなかったですね。どちらかというと好きな方です。

ただ設定としては非常に適当(ぉ)。
アイドルの存在意義がイマイチ不明(隕石に対応するなら確実にミサイルの方が楽じゃね?(作中では)実際、日本以外ではそうしてるし)だったり、敵方の組織の目的が不明だったり、敵方は何であんなに量産機作れるの(金銭的に)?など、ツッコミどころ多数です。

ですが、人間関係が上手く表現できておりまして、伊織と真、春香とやよいなどはいい関係だよなあ、と思います。
特に秀逸なのが雪歩で、千早と春香の間を揺れ動くところが非常に良い。特にその覚悟を決めた17話は、雪の使い方と合わせて大好きです。

あと、「千早の犬」と言われて、静かに笑う雪歩に萌えたのは私だけでいいw
(記憶だけで書いてるので、詳細間違っていたらごめんなさい)


また、千早、雪歩と、ヤンデレ好きにも実はお勧めできるアニメだったりしますwww
[ 2008/07/15 18:54 ] アイマス(ニコ動以外) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoneko0407.blog38.fc2.com/tb.php/14-7fd03f40





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。