スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奈良旅行(奈良市以南~吉野)

7月の3連休に行っていた、奈良方面の旅行のまとめ。
奈良公園関係(東大寺や春日神社、興福寺など)は去年に行ったので、今年はそれ以外を。

画像がかなり多め。


法隆寺

京都は庭園、奈良は建物。

と言われるのがよくわかる、圧巻の大きさ。
現存最古の木造建物なのに、えらく大きい。

拝観料お高めですが、満足。

DSC04199.jpg


DSC04202.jpg



薬師寺

こちらは比較的新しい。
ちょうどこの時イベントだった、SR道明寺さんと同じような構図で撮ってみた。
ライトアップの時に行きたかったね。

DSC04221.jpg



唐招提寺

建物よりも、それ以外が良かった。

DSC04232.jpg

DSC04235.jpg

DSC04241.jpg



橿原市今井町の古い街並み

夕方前に来たけど、かなり気に入ったので、日が落ちてからもう一回来た。
宿もこの近くだったし。

古い街並みというと、一本の通りがあってその付近だけとかが多いけれども(徳島の脇町(うだつの街並み)とかな)、ここは結構広い範囲の“町”全体がこの雰囲気で、非常に満足。
行った時間が遅かったので、建物中の見学ができなかったのが心残り。

DSC04253.jpg

DSC04263.jpg

DSC04264.jpg


吉野山


二日目は、ほぼ吉野オンリー。
吉野駅から、吉野のほぼ一番奥といってよい西行庵まで歩きました。帰りの温泉とかも含め、合計6時間くらい?
ハイキングと登山の間くらい、みたいな感じ。

BGMは、「千本桜」と、「幽雅に咲かせ、墨染の桜(※)」のどちらが良いか、歩きながら考えていたなど。
(※吉野は、西行の縁の地です)

咲・阿知賀編(以下、「咲」とのみ表記)の聖地巡礼も兼ねて。


吉野の入り口で出迎えてくれる鳥居。
なにげに、咲1巻36Pなどにも出てくる。

DSC04267.jpg

金峯山寺蔵王堂。吉野寺社のシンボル。
ここも圧巻の大きさ。雰囲気良いです。

DSC04274.jpg

吉水神社。3枚目は何か違う気もするが。
一枚目の背景にちょっと写っている寺が、先の金峯山寺蔵王堂。

DSC04294.jpg

DSC04281.jpg

DSC04285.jpg


吉野水分神社。
下の神社からは、一時間近く山道を歩く。

まあ、舗装はされているのでそこまできつくはないですが、何せ暑さが厳しかった……。
助かったのは、ここで自販機があったこと。無かったら、本気で下山を考えていた。

DSC04305.jpg

さらに30分くらいだったかな? 金峯神社です。
これで、吉野三柱制覇。この日は朱印帳忘れませんでした。

DSC04313.jpg


しかし、さらに奥の西行庵へ。ここからは未舗装路。
「熊野古道歩いてきました!」と、この画像見せたら、何人かは信じそうな雰囲気。

DSC04315.jpg


西行庵。山の中の、ちょっと開けたところにぽつんとあります。

DSC04319.jpg

下山してきた後は、金峯山寺あたりをゆったりと散策。
葛切り&葛餅うめえ(写真は撮り忘れた)。あとは豆腐料理を堪能。
温泉入ってから下山しました。

葛餅を買った店のおばちゃんに、『こんな時期に吉野来てくれてありがとう』と言われたのが、記憶に残る。
吉野のハイシーズンは、桜と紅葉の時期なんだなあ……。実際、3連休ですが人はあまりいませんでした。

まあ、ハイキングするには良いと思いますよ吉野。
かなり気に入ったので、また来ます。


あとは、咲の聖地巡礼関係写真。


咲の一巻の表紙。
……と思ったら、間違えてた。ぜんぜん違う場所だった。
実際に漫画は持っていかず、記憶とネット情報だけで撮ってたから、間違えていても気にしないように。

DSC04339.jpg


二巻表紙部分。パノラマで撮るべきだったか。

DSC04336.jpg


第一話の扉絵など、色々なところで出てくる吉野の遠景。
奥は吉野の市街地かな。

DSC04303.jpg



1巻116P~117Pで、赤土さんが乗ってくるロープウェイ。

DSC04340.jpg
スポンサーサイト
[ 2014/08/27 21:34 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。