スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヨーロッパ旅行4日目(ノイシュヴァンシュタイン城からスイスへ)

4日目にして、ようやくスッキリとした晴れ間。やったぜ。

朝からノイシュヴァンシュタイン城へ。シャトルバスで山を登っていく。
バスを降りてすぐの所にある吊り橋から見た城は、本当に美しい。周囲からも歓声が上がっていたほど。

DSC03190.jpg

また、城まで向かう道中の、眼下の景色も素晴らしい。


DSC03225.jpg
(中央やや右に見えるのは修道院。なんか、カルカソンヌみたいねw)

城の中は撮影不可なので写真は無いが、中世で完全に時間が止まったような雰囲気。
城内は日本語のガイドツアーとなっているが、ゆっくりと動いていったので、じっくり鑑賞できた。
(各言語でのツアーとなっており、時間帯で別れている)

見学後は徒歩で降り、麓のレストランで昼食。
ジャーマンハンバーグ(と白ビール)だけど、大きいなw


DSC03230.jpg


食後、バスでオーストリア経由でリヒテンシュタイン、そしてスイスへ。
後日フランスに行った時もそうだったけど、観光でのEU域内の移動はほんと無制限なのね。入国審査も何もなかった。
(止められる場合もあるそうですが)

リヒテンシュタインは、こぢんまりした綺麗な街だな、以外の感想がない。
ガイドさんにも、「リヒテンシュタインという国に来た、ということが最大の観光」と言われる始末w
パスポートにスタンプだけ押してもらった(3ユーロだったか?)

DSC03239.jpg


その後は、ユングランヨッホ下の街、グリンデルワルトまでバスで移動。
車中からの景色も素晴らしい。これは日本では無い景色だね……

DSC03243.jpg

DSC03254.jpg


バスがちょっと遅れて、到着が夜9時頃になっていたために、買い物はできず。
夕食はオイルフォンデュでした。

翌日はユングランヨッホ山頂まで。
天気が不安でしたが、さて、どうなったことやら……?


スポンサーサイト
[ 2013/06/29 18:33 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)

ヨーロッパ旅行2日目、3日目(ライン川下り、ローテンブルクなど)

相変わらず順調に遅れていますが、ご容赦を。



2日目

この日もやっぱり風雨と寒さが厳しい。
アルプス用に持ってきた、ユニクロ・ウルトラライトダウンジャケットが、こんな早く活躍するとはな......

まずは船でライン川下り。

風雨と寒さのせいで展望デッキはきつかったので、喫茶ルームでまったり。晴れには敵わないだろうが、10個程度の城など、そこそこ景色は見えた。
しかし、ほんと城のバーゲンセールと言って良いほどの量。どれだけ城を残しているんだ、ドイツ......。
(※現状、城のほとんどは個人所有らしいです)

DSC02922.jpg

DSC02937.jpg

DSC02928.jpg



昼食はマスのムニエルがメイン。あとはジャガイモとかジャガイモとか。
ついでに白ビールを頼んだところ、出てきたのはエルディンガーヴァイス。大変美味しゅうございました。

DSC02940.jpg



それからバスでハイデルベルクへ移動。
ハイデルベルク城など旧市街を観光。お城は、ラピュタのモチーフにもなったとか。

DSC02944.jpg

DSC02954.jpg



再度バスで、ロマンティック街道を南下。城壁に囲まれた都市ローデンベルクへ。
宿は城壁内にあり、今日は綺麗な宿だった。

同じく城壁内のレストランで、メインディッシュがロールキャベツの夕食。フランケン地方のワインとともに。そのあと軽く夜のローテンブルグ観光。
この時期のドイツは、10時前くらいまでは薄明るいみたい。


DSC02997.jpg


ところが夜中に謎の腹痛。昼のマスか、疲れているところに飲みすぎたか、原因はどっちかだろう。



3日目
やはり胃腸の調子は良くない。正露丸さん、出番です。
朝はローテンブルグ散策。ガイドさんが軽く案内したあと、1時間半ほど自由時間。教会と中世拷問博物館、あと城壁を登ってみるなど。

しかしほんと、街全体が中世の博物館といった様相ですね……。
自動車がなければ、いつの時代なのやら。

DSC03089.jpg


DSC03109.jpg
(城壁の上から)




ゴシック様式の教会はステンドグラスとパイプオルガンが実に美しかった。
拷問博物館はアイアンメイデンに大興奮(ぉ

DSC03093.jpg

DSC03081.jpg


DSC03072.jpg
(この拷問博物館、主要なスポットには日本語の解説もある。どんだけ、ねじ締めたいんだ)




バスで、これまたロマンティック街道の城壁都市、ディンケルスビュールまで移動。昼食と軽く街中観光。
ホワイトアスパラとソーセージ美味しかったです。


DSC03112.jpg


DSC03116.jpg


DSC03122.jpg


シュルケレララオホと、フランツェスカーナの瓶が1.6ユーロ(約200円)で売ってて軽く眩暈。日本で買ったら700円くらいするで......。
胃腸の状態のおかげで、身を引き裂く思いで購入を断念。ちくしょう......!

DSC03138.jpg



そしてバスでヴィース教会まで。こちらはロココ様式で天井画が美しい。
やはり教会は心が洗われるなあ。

DSC03140.jpg

DSC03141.jpg



その後、ロマンティック街道の終着点でありハイライトでもある、ノイシュバンシュタイン城が見えるすぐ下の街まで移動し、ここで宿泊。城の見学という点で、非常に立地が良い。

DSC03163.jpg


夕食は牛肉のワイン煮。まあまあ。
ビールは白ビール。胃腸もそろそろ回復気味。

ライトアップされたホーエンシュヴァンガウ城を見つつ就寝。

DSC03177.jpg



[ 2013/06/15 14:44 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)

海外旅行で役に立ったアイテム

今回、一週間ほど海外に行っていたわけですが、その時に役立ったアイテムを紹介。


1位
ウルトラライトダウンジャケット(ユニクロ)

元々はアルプス用に持っていったのですが、異常な寒波だったため、ほぼ毎日出動することに。

軽いので荷物にならないし、左右のポケットがファスナーなので財布やカメラを突っ込んでいても心配が無いし(海外はスリが多い)、しかも値段が安いため、適当にバッグにしわくちゃで詰め込んでも心が傷まないw

持って行ってなかったら、間違いなく風邪引いただろうなあ。


2位
READER PRS-T2(SONY)

飛行機にバスにと、長時間に渡る移動の合間を埋めてくれる存在。
当初はiPadがその役割を担うかと思ったけれども、やはり重量の問題で、途中からはこちらが主役に。

文庫を何冊もトランクに入れなくてよいのは、かなり便利でした。
現地のガイドさんにも、「何ですか、それ」と聞かれたり。


3位
正露丸(大幸薬品)

食あたりのお供w
一度、結構きつい腹痛に襲われたのですが、大変役立ってくれました。

やっぱり、旅先には必須だなあ。



あとは、貼るカイロなども役に立ちましたよ~。


[ 2013/06/04 19:41 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)

帰還

とりあえず無事に帰ってきております。

詳細は落ち着いたら、また。
[ 2013/06/03 22:20 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。