スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10年ぶりくらいの海外旅行

明日から、3泊4日で香港・マカオ行ってきます。
スポンサーサイト
[ 2012/05/31 19:59 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)

久々のゲーム感想(注:18禁です)

実に久しぶりにゲームレビュー。
てか、がっつりゲームやったのって、サカつく7以来でかなり久し振り。

最近、面白いSRPGが無くてねえ……




英雄*戦姫(天狐)

大槍さんの原画、大帝国(アリスソフト)みたいな国盗りゲームということで、かなり期待していた作品。
戦闘のルールも判りやすく、難易度もそんなに高くなく、かと言って何も考えずにやると死ぬという、中々素晴らしいバランス。
FEとか本格的なのをやり慣れている人には温いかもしれないけど、久々にゲームをやる身としては、これくらいで良かった。

戦闘ルールはシンプルで視覚的にも判りやすい。ここはほんとに素晴らしい。
強いて難点を言うなら兵種が多すぎて、相性が覚えにくいところか。

シナリオは一本道で、アリスソフトのそれみたいに欝になるイベントもなく、基本ほのぼの。
特に感動は無いけど、安心してプレイできる感じでした。


が、不満点もちらほら。

このゲームの最大の問題は、キャラとイベントが余りに多すぎること。
仲間になるキャラが60人以上いて(てか、出てくるキャラはほとんど仲間になる)、その全キャラに最低4つ程度イベントがあるものだから、各キャラがどうしても薄くなっている。Hイベントはともかく、一枚絵が無いキャラもいるし……
しかも、好きでもないキャラでもイベント見ないと強くならないので、さらに作業感がアップするというね。

特にブリテン、おめーだよ。
円卓の騎士を、無理矢理全員出さなくても良かろうに……


とはいえ、全体としては良いバランスでした。
処女作でこれだから、このメーカーには期待できそうだ。次回も注視。


*つい最近、追加パッチ(高難易度戦あり)が出ました。
もう発売から1ヶ月以上経つのにさらに追加パッチ(当然無料)出すとか、人気投票もまめにやるしほんとにユーザーフレンドリーな会社ですなあ。




余談。
アイマス好きは、声優で色々くすりとできる。
行かず後家の中◯先生とか、貧乳を気にするミン◯スとか、大槍先生わかってるー!w
(大槍先生はアイマスの同人誌を数多く出している。ちなみに、ゆきぽと伊織派)




好きなキャラクター

ツタンカーメン(一言でいうなら、褐色ゆきぽ。穴を掘る代わりに、棺に引きこもります。しかし大槍先生(雪歩好き)がいるのに、一枚絵が無いとはどういうことですかねえ……)

ラスプーチン(「ひぎぃ!」なドM。ひぎぃ!)

源義経(真面目なドS。一言で殺す系)


英雄*戦姫





VenusBlood-FRONTIER-(dualtail)

触手系(何

シリーズ五作目。
三作目のVenusBlood-EMPIRE-から、ずっとプレイしてたり。

前回のabyssがダンジョン迎撃系になってて、国盗り系が好きな私はちょっとしょんぼりしたのだけれど、本作は元のシステムに戻っていてちょっと安心。
もっとも、abyssのパーティ・スキル制も残っていて、兵士の相性とかがかなり重要になってくる。
良く言えば組合せを考えるのが面白い、悪く言えばまだろっこしい。

あと、上記の英雄*戦姫の後にやると、戦闘のシステムが解りづらく感じる。
チュートリアルはあるけど、長すぎだし……

シリーズとして進化していっているのは感じるけど、その分、複雑になっている感が。
シナリオのクリア条件とかも解りづらいし……


とはいえ、慣れたらやっぱり面白い。
今回はいきなりハードモードでやったのですが、二面でいきなり泣きそうになったりしたのもご愛嬌w

ゲームは中々硬派なシリーズなので、SLG好きは一回遊んでもいいかも。
ただ、18禁シーンが色々な意味で濃すぎるので、そっちの方で人を選ぶかもしれないw


好きなキャラ


おでんこと、オーディン様。ロリババア最強(死ね


VenusBlood-FRONTIER-

[ 2012/05/26 23:32 ] 普通の日記 | TB(0) | CM(0)

ボードゲーム合宿in大阪

かなり遅ればせながら、4月末に参加したボードゲーム合宿の備忘録をば。
自分に向けての備忘録なので、読みにくいと思いますがご了承を。

記憶が薄れてきてるので、箇条書きにて。


<プレイしたゲームと簡単な感想>

K2:死人が出て最下位
祈り働け:初プレイ。最下位だけど楽しかった。ただ、考える所が多く疲れるゲームではある。
catan:後述
インカの黄金:いつも通り勝てぬ。
どミリオン:アイマス好きならより楽しめる良ゲー。
ストラスブルグ:同点で、人の数の差で勝つという伯仲した勝負。
世界の七不思議:2位だけど、隣(勝者)を自由に走らせすぎた。
ハートオブクラウン:お姫様擁立システム面白い。たんとくぉーれと似た感じ。
キャメロットを覆う影:8人プレイで、裏切り者一人だけは厳しそうだった。


他にも色々遊びましたが、正直タイトル忘れた。
初見のゲームを覚えきれないのが辛いところ。そのためのiphoneのメモ機能だろうと、終わってからいつも思う。


<catan>

大進歩Pを含め4人プレイ。
色々面白い場になったので、簡単に記録。

盤面は鉄が薄く、あとはボチボチといったところ。

上家で一番手の大進歩Pが鉄を狙いにいったので、2番手のこちらは麦を抑える。
帰ってきたところ、チャンスカードの争いは大進歩P以外にいなさそうだったので、返しの手で羊を抑え、チャンスカードを引くのを抑制させる方針。
もっとも、こちらも鉄が11鉄だけで厳しい場ではある。ちなみに3:1港は無い(麦港は取れそうな感じ

序盤は、サイコロ運と盗賊がクリーンヒットしたため、かなり出遅れる。
ただ、チャンスカードは引けていたので、雪歩(※拙作、catan m@ster参照)のステルスモードに徹する作戦を取る。

しかし、こんな時に限って引いてくるカードは、ポイント、騎士、ポイント。
大進歩Pもカードを多く引くが、こちらと同じように欲しいカードを引かない様子。

あとの二人は順調に建設を進めるが、一人が強引に道賞を奪う。
道賞からの頓死が有りそうだったので、ここで道賞がほぼ確定し、形勢が判りやすくなったのは有り難かった。

とはいえ、手が進まないのは相変わらず。
この後のカード引きが、収穫、騎士、街道。収穫はともかく、道賞が確定した今、街道なんてゴミですよ先生。
収穫は街を作るのに使えたが、街道はやはり使い道がなく、適当なところで使っておく。
伏せておいて、余計な警戒を招くのも嫌だしねー。
大進歩Pも騎士が来ず、このあたり二人で不毛なカードの引き合い。

あと一枚、騎士を引ければ逆転が見えるかもというところで引いたカードが独占。


い・ら・ね・え・よ!!


心の中で悪態を付く。
律子が最終戦で最後の2枚を引いた時も、こんな感じだったんだろうなあ。

結局、大進歩Pと私の二人が、トップを止めるためだけに不毛な独占を使うも、トップが出したい目をきっちりと最後に出して終了。

負けたけど、久々に面白いcatanが打てて満足。
中盤あたりは上手くステルスが決まりそうな雰囲気があったのだが、自分のカード運が雪歩に比べて圧倒的に落ちることを理解しておくべきだったね。



<面白い出来事あれこれ>

・初日、部屋の大きさに比べ、寝る人数が多く、布団が敷き切れなかったので、押し入れで寝ました。
結構寝心地は良かった(ぉ

大進歩P「まさに、蒼猫の巣」

蒼猫の巣


誰が上手いことを言えと(ry


・初日、持ってきたベルビュークリーク(チェリービール)、白濁、フランツィスカーナーへーフェヴァイスを色々な人に飲ませる。
 それぞれ反応が違って面白かった。やはり白ビールは良い反応が多いね。
 あと、ベルビュークリークは予想通り賛否両論。酸っぱいし、苦手な人は苦手なんだよねこれ。

・二日目は大進歩Pが持ってきてくれた日本酒、義侠と獺祭をごくごく。
 義侠は甘めで美味しく、獺祭はやはり飲みやすくて素晴らしい。良いお酒を、どうもありがとうございました。

・ちなみにこの後、大進歩Pが酔進歩Pに進化(退化?)。
 「祈り、働け」をプレイ中に、『後半、重要な資源は?』と聞いたら、『葦』と答える始末。
 ニトーキンさんが即座に、『葦はねえよ』とツッコミを入れていて面白かったw
 こんな状態でも、見事に勝ちきる大進歩Pはやっぱり強い。

・アグリコラと、祈り働けと、ルアーブルが同時に立つという、ローゼンベルク先生大勝利な状態になっていた。

・「山科区は京都じゃない」。京都出身のS氏が残した名言。

・昼食時、目当ての洋食屋が開いてなくて、代わりに串カツの店に入った所、いきなりビールを頼む馬鹿一名。はい、私です。

・てか、二日目は昼食でビール、夕食(ふぐ定食)で日本酒、宿に戻ってから大進歩Pの日本酒と、我ながら飲み過ぎ。
 ボードゲーム合宿ですよ、これ。

 


……とまあ、こんな感じで楽しませて頂きました。

幹事の大海さんをはじめ、参加者の皆様、どうもありがとうございました。
また、どこかでお会いしましょう~!

[ 2012/05/11 23:34 ] ボードゲーム・TRPG | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。