桜は吉野

いつの時期だよ! 
という、ツッコミは横に流して。

というか、この吉野とGWの北陸、こないだ行った東北と、旅行ネタが山積しているので、1つずつ潰して行こうかと。
夏の吉野と比べてみると楽しいかも。



そこかしこで、お花見を楽しむ人達。

DSC05352.jpg


まさに、山が桜。

DSC05354.jpg


DSC05366.jpg

DSC05380.jpg

DSC05401.jpg




桜の合間から金峯山寺。

DSC05363.jpg


その金峯山寺を見下ろす。

DSC05424.jpg


吉野水分神社。

DSC05429.jpg


西行庵。このあたりは標高が高いので、まだ桜は咲いていない。
しかしこの桜の木、西行妖と言われたら信じそうな迫力やね。

DSC05436.jpg


吉野より、さらに南の山々。まさに修行の場、って感じですね。
穏乃(咲)は、このあたりを駆け回っていたのかなと妄想。『深い山の主』の異名も納得。

DSC05438.jpg



いや、今まで見た桜の中で、やっぱり一番凄かったですね。

敢えて平日に行ったのですが、それでも凄い人の数でした。帰りの特急が埋まりかけてたほど。
土日に行く場合は、交通や宿泊の手段など色々気をつけて下さい~。
[ 2015/07/11 23:51 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)

長崎旅行最終回

先に紹介した、長崎バイオパークに続いて……というか、バイオパークに併設されている、
ペットアニマルワールド「PAW(パウ)」

ここのウリは、犬・猫に自由に触れるというところです。
ほほう、猫も大丈夫とな? そりゃ、猫派として行かないわけにはいかない。


まずはウサギがお出迎え。

DSC05260.jpg


外では、6種類ほどだったかな?
色々な犬もいますよー。もちろん、お触り自由。

DSC05272.jpg

DSC05276.jpg


そして、魅惑の猫ゾーン!!
はああああ、癒されるううううぅぅぅ……(このあたり、半分壊れていました

DSC05277.jpg


妙に色気があるw

DSC05291.jpg


何かを狙っているっぽい。

DSC05294.jpg

DSC05295.jpg


おだやか二匹。

DSC05298.jpg


渋いな。葉巻とか似合いそう。

DSC05297.jpg


「すいませーん! カメラに目線いただけませんか!!」

DSC05281.jpg


『ああん? まあ、よかろうニャ』

DSC05282.jpg


『特別に、スマイルもくれてやるニャ』

DSC05288.jpg


とまあ、満足しきりの場所でした。
バイオパークと合わせて、人が少ない日&時間帯に行くのがオススメだ!(私は、朝イチで入場しました


さて、ここからはレンタカーで佐世保&九十九島へ。
言い忘れてましたが、この日は長崎市でレンタカーを調達して移動してます。車は旧式フィットだったかな?

昼ごはんは、佐世保市街で佐世保バーガー。

が、人気店は行列が凄く、ようやく辿りつけたお店でも写真を撮り忘れるという体たらくっぷり。
行った店の名前すら忘れたので、佐世保観光のリンクをぺたり。
たぶん、このうちのどれかだよ(酷

ちなみに、味は普通に美味しかったです。


そして、九十九島巡り……というか、九十九島を撮影するため、色々なところ巡り。
このあたりから、天気が雨まじりになってきました。


弓張岳から佐世保市街地を一望。

DSC05310.jpg

DSC05315.jpg



冷水岳展望台から。

DSC05316.jpg


こちらは、多分一番有名なビュースポット展海峰。
夕日をバックにすると綺麗なんだろうなあ。つくづく天気が惜しい。

DSC05324.jpg


この後は、長崎サンセットロードで夕日を見ながら長崎方面へ帰還。
つくづく、もうちょっと天気が……

DSC05326.jpg


長崎に帰った後は、特急で博多まで(ちなみに、ガラ空きで逆にビビった

博多でモツ鍋を食べた(またか)後、駅近くのホテルで一泊して、翌日の朝イチの飛行機で徳島に帰ってきました。
うん、長崎良いところ。行けなかった平戸や雲仙も、また行ってみたいね。
[ 2015/04/18 21:14 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)

長崎旅行2

もはや、実際に旅行してから3ヶ月以上経っているのですが、気にしないようにしよう。

二日目午前の、軍艦島観光からの続き。

昼飯に長崎駅でモツ鍋(ぉぃ)を食べ、電車で移動。向かった先はハウステンボス。
夜のライトアップが綺麗とのことなので行ってきました。
しかし、「ひとりテーマパーク」は流石に初めてだ。

DSC05051.jpg





入り口近くの、テディベア博物館。

DSC05054.jpg


昼間の景色。

DSC05064.jpg

DSC05058.jpg



そして、いよいよライトアップのお時間。

DSC05070.jpg

DSC05085.jpg

DSC05119.jpg


光と音楽の融合が見事で、音楽に合わせて激しくライトが明滅する様は良かったですね。
こちらは、川のライトアップ。動画じゃないので判らないでしょうが、川の色が次々と変わっていきます。

DSC05072.jpg


パレードもありましたが……何故、お前がいるw

DSC05112.jpg


長崎駅近くのホテルに帰って、2日目終了。
夕食は、長崎駅近くのスーパーで色々買い込んで、ホテルで食べました。
記憶が朧気ですが、あんまり変わったものは無かったかなあ。


3日目。
この日は、長崎バイオパークと佐世保観光。

結論から言うと、この長崎バイオパークは最高でした。とにかく動物に触れるし、自然な姿を撮影できるし。
今まで行った観光地の中で、5指には入るのではなかろうか。

まあ、ごちゃごちゃ言う前に写真を見てもらいましょうか。
ちなみに、ほとんどの写真で望遠は使っていません。実際にこの距離感。

DSC05125.jpg

入場前からいきなり。

DSC05126.jpg


屈指の人気のカピバラさん。

DSC05162.jpg

DSC05168.jpg

DSC05169.jpg


やる気ありまくりの、リスザル。
物を平気で取っていくので、バッグの口は締めておくよう注意書き有り。

DSC05213.jpg

DSC05217.jpg


今年は貴方の干支なので、もうちょっとやる気を出して欲しいw

DSC05227.jpg


カワセミ。

DSC05229.jpg


跳ぶカンガルー。

DSC05234.jpg


DSC05233.jpg


餌を食べるカバ。

DSC05241.jpg


アルパカさん。

DSC05191.jpg


鳥類もいっぱい。

DSC05151.jpg


アマゾンコーナーでは、熱帯魚や花も。

DSC05243.jpg

DSC05248.jpg


他にもフラミンゴやレッサーパンダなど、魅力的な動物が沢山。
これだけでも充分大満足ですが、長崎バイオパークの魅力はまだあるのです……(続く)
[ 2015/04/12 17:32 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)

長崎旅行(1)

年末に行ってきたので、まとめ。

初日。福岡空港から、高速バスで長崎まで移動。
まずは長崎観光の基本。グラバー園から。

DSC04826.jpg

DSC04817.jpg

長崎市街が一望できます。
左に見えるのが、これから夜景を見に行く稲佐山。
DSC04809.jpg


間食。
(一人のくせに)お洒落に、ワッフルと紅茶。

DSC04844.jpg


稲佐山へ移動。
日が沈む前に到着。

DSC04864.jpg

水平線へと消えていく夕日。
四国の東のほうに住んでいるので、海に沈む夕日というのは新鮮(海から昇る朝日は見えるけど)。

DSC04854.jpg

やがて日が落ち、夜景の時間。

DSC04875.jpg

DSC04906.jpg

長崎は、日本三大夜景の一つ(あとは函館と神戸)であり、また、今は世界三大夜景の一つとしても売り込みをかけているようです。

ちなみに、個人的には札幌の藻岩山からの夜景が一番お気に入り。
光の海がどこまでも続いていくようで、キレイでした。

香港?
雨でそれどころじゃなかったんだよ(涙


二日目。
この旅行メインの、軍艦島観光。

どうでもいいけど、天気の都合上、二日目と三日目の予定を前日に入れ替えた。
レンタカー(三日目で使用)も、軍艦島ツアーも、予約の変更が無事出来てホッとした。
なお、レンタカーの予約変更は、前週の紀伊勝浦・熊野旅行に続き、二週連続二回目。
(紀伊勝浦の方は、そのうちレポ書きます。たぶん)

さて、軍艦島とは。

正式名称は端島
小島ながら石炭が採掘されたことから、戦前から開発が進み、東京以上の人口密度を有していた島。
アパートは勿論、病院、学校などの生活施設や、映画館などの娯楽施設もあったとか。

燃料の中心が石油に変わったことから、1974年に閉山。
今は無人島になっているが、建物はそのまま残されたため、朽ちていく最中の遺構が残っている。

現在は、4社ほどが軍艦島ツアーを行っている。
もっとも、上陸・巡回できる箇所(見学場所は3箇所)はどのツアーでも同じだが。
(価格、船上での説明、島周辺の巡航の有無などが違う)


……さて、前置きはこれまで。

廃墟好きとしては見逃せないこの島。
現在、世界遺産としても申請中で、また現在進行形で荒廃が進んでいることから、行けるうちに行っておかないと二度と行けなくなる恐れがあるので、今回行ってきたわけです。

DSC04923.jpg

DSC04927.jpg

今回は、やまさ海運のツアーなので、下の船を利用したのですが、道中で見た上の船のインパクトがでかいw

次は、船内の様子。2階のデッキ席のほうが、当然眺めは良いです。この時期、寒いけど。

DSC04929.jpg


出港してからしばらくは、長崎市内を見ながら。
DSC04931.jpg

軍艦っぽい(?)船も見えました。
ここ長崎では、三菱の造船所のお膝元で、一流が三菱(職員)、二流が県庁、三流が市役所という言葉があるとかないとか。
DSC04934.jpg


2,30分ほどで見えてきました軍艦島。
なお、波が高いなど、条件次第では上陸できない時があります(4,5日に1回は駄目とか)。
そのため、無理やり予定変更したんですがねー。

DSC04954.jpg


ここから上陸……

DSC04966.jpg

DSC04970.jpg



っておい、あの釣り人はどうやってあそこに行ったんだ。本気で謎。
というか、怖くないのかな……。

島上では、3班に分かれて、それぞれガイドの説明を聴いていきます(※ここから先は、やまさ海運のツアーのそれなので、他のツアーでは違う可能性があります)。
貴重な生産施設は波を被らない側に、居住施設は防波堤の役割を兼ねるためわざと波を被る側に建てているなど、興味深い話もいろいろ聴けます。

その前後や間に、写真を撮っていく感じ。

DSC04971.jpg

DSC04973.jpg

DSC04980.jpg

DSC04995.jpg

DSC05003.jpg


一時は5,000人以上が住みながら、今まさに遺跡になろうとしている島。
時の流れというか、郷愁のようなものを感じずにはいられませんでした。

DSC05020.jpg


時間になれば再度乗船して寄港……。
の前に、島周辺をグルっと回ってくれるサービス(しかも、どちら側の席でも見えるよう、180度回転してくれる)があり、あらゆる角度から島を観ることができました。

これは、一番『軍艦っぽい』角度だそうです。

DSC05035.jpg

(以下、次回)
[ 2015/01/12 21:09 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)

奈良旅行(奈良市以南~吉野)

7月の3連休に行っていた、奈良方面の旅行のまとめ。
奈良公園関係(東大寺や春日神社、興福寺など)は去年に行ったので、今年はそれ以外を。

画像がかなり多め。


法隆寺

京都は庭園、奈良は建物。

と言われるのがよくわかる、圧巻の大きさ。
現存最古の木造建物なのに、えらく大きい。

拝観料お高めですが、満足。

DSC04199.jpg


DSC04202.jpg



薬師寺

こちらは比較的新しい。
ちょうどこの時イベントだった、SR道明寺さんと同じような構図で撮ってみた。
ライトアップの時に行きたかったね。

DSC04221.jpg



唐招提寺

建物よりも、それ以外が良かった。

DSC04232.jpg

DSC04235.jpg

DSC04241.jpg



橿原市今井町の古い街並み

夕方前に来たけど、かなり気に入ったので、日が落ちてからもう一回来た。
宿もこの近くだったし。

古い街並みというと、一本の通りがあってその付近だけとかが多いけれども(徳島の脇町(うだつの街並み)とかな)、ここは結構広い範囲の“町”全体がこの雰囲気で、非常に満足。
行った時間が遅かったので、建物中の見学ができなかったのが心残り。

DSC04253.jpg

DSC04263.jpg

DSC04264.jpg


吉野山


二日目は、ほぼ吉野オンリー。
吉野駅から、吉野のほぼ一番奥といってよい西行庵まで歩きました。帰りの温泉とかも含め、合計6時間くらい?
ハイキングと登山の間くらい、みたいな感じ。

BGMは、「千本桜」と、「幽雅に咲かせ、墨染の桜(※)」のどちらが良いか、歩きながら考えていたなど。
(※吉野は、西行の縁の地です)

咲・阿知賀編(以下、「咲」とのみ表記)の聖地巡礼も兼ねて。


吉野の入り口で出迎えてくれる鳥居。
なにげに、咲1巻36Pなどにも出てくる。

DSC04267.jpg

金峯山寺蔵王堂。吉野寺社のシンボル。
ここも圧巻の大きさ。雰囲気良いです。

DSC04274.jpg

吉水神社。3枚目は何か違う気もするが。
一枚目の背景にちょっと写っている寺が、先の金峯山寺蔵王堂。

DSC04294.jpg

DSC04281.jpg

DSC04285.jpg


吉野水分神社。
下の神社からは、一時間近く山道を歩く。

まあ、舗装はされているのでそこまできつくはないですが、何せ暑さが厳しかった……。
助かったのは、ここで自販機があったこと。無かったら、本気で下山を考えていた。

DSC04305.jpg

さらに30分くらいだったかな? 金峯神社です。
これで、吉野三柱制覇。この日は朱印帳忘れませんでした。

DSC04313.jpg


しかし、さらに奥の西行庵へ。ここからは未舗装路。
「熊野古道歩いてきました!」と、この画像見せたら、何人かは信じそうな雰囲気。

DSC04315.jpg


西行庵。山の中の、ちょっと開けたところにぽつんとあります。

DSC04319.jpg

下山してきた後は、金峯山寺あたりをゆったりと散策。
葛切り&葛餅うめえ(写真は撮り忘れた)。あとは豆腐料理を堪能。
温泉入ってから下山しました。

葛餅を買った店のおばちゃんに、『こんな時期に吉野来てくれてありがとう』と言われたのが、記憶に残る。
吉野のハイシーズンは、桜と紅葉の時期なんだなあ……。実際、3連休ですが人はあまりいませんでした。

まあ、ハイキングするには良いと思いますよ吉野。
かなり気に入ったので、また来ます。


あとは、咲の聖地巡礼関係写真。


咲の一巻の表紙。
……と思ったら、間違えてた。ぜんぜん違う場所だった。
実際に漫画は持っていかず、記憶とネット情報だけで撮ってたから、間違えていても気にしないように。

DSC04339.jpg


二巻表紙部分。パノラマで撮るべきだったか。

DSC04336.jpg


第一話の扉絵など、色々なところで出てくる吉野の遠景。
奥は吉野の市街地かな。

DSC04303.jpg



1巻116P~117Pで、赤土さんが乗ってくるロープウェイ。

DSC04340.jpg
[ 2014/08/27 21:34 ] 旅行関係 | TB(0) | CM(0)