スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シン・ゴジラ感想(最後だけネタバレ有り)

うむ、良かった。自分は大好き。

ただ、批判も多い理由も分かった。
良くも悪くも、非常に渋い。正直言って、感動するようなところはあんまり無い。派手なアクションがあるわけでもない。パニック映画でもない。「危機対応映画」が、一番妥当な言葉じゃないだろうか。
自分としては、押井パトレイバーを思い出した。あれの主人公グループを、立場が上の人(国家中枢)に置き換えた感じ。

自分は、官邸の意思決定の過程とか、チームの面々とかが好きだけど、ラヴとか爽快とかはまったく無いからなあ。そういう意味でもオタク的なのだろうか。
個人的には、国連安保理の議論とかも見たかったけど、それやると地味な作品がさらに地味になるからなあ(苦笑

しかし、まさか、ゴジラを倒すシーンが、あそこまで地味な画とはw
ただまあ、最も派手な手段が絶対に使えない手段である以上、仕方ないのだろうけど。

あ、私は自衛隊の兵器とかはまったくの専門外のでパス。
好きな人から言わせば、そこの評価は良いらしいけど。判らないことには触れられぬ。


あと、自分としては(結構上の方にいたことがある)国家公務員の感想を聞きたいわ。
個人的には、災対本部の意思決定過程はかなりリアルっぽい気がしたけど、実際のところはどうなんだろう。


そして、最後にネタバレを一言。









「やったか!?」は言っちゃ駄目って、言ってるダロォ!!!????
スポンサーサイト
[ 2016/08/14 21:34 ] 普通の日記 | TB(0) | CM(0)

現状報告

とりあえず、ボチボチやってます。
ようやく新居でのネットが開通しました。
[ 2014/05/31 23:05 ] 普通の日記 | TB(0) | CM(0)

家探し中

仕事で異動があって、現在、車で約1時間20分かかるところに通勤中。

仕事も忙しくさすがにかったるいので、引っ越しを予定しています。
今月中には入居まで済ませたいなあ……。
[ 2014/04/12 22:29 ] 普通の日記 | TB(0) | CM(0)

スイフト感想

良い点

・ハンドリングが良く、多少スピードが速い程度でコーナーに入っても、車が振られそうになることがない。
・高速道路での安定性。快適性(宇和島まで日帰りしてきました
・燃費。リッター19kmくらい出てる。デュアルジェット版じゃないのに。
・燃料タンクが(マーチより)大きいので、GSに入る回数が減った。


悪い点

・斜め後方が見づらい&取り回しがし辛い(このあたりは先代マーチが非常に優秀)
・バックミラーが小さい(市販の新しいミラーを装着)
・運転席・助手席周りの収納が少ない(CD、どこに置こう……)
・マーチよりは良いが、それでも高速で、登り坂で100km超を出そうとすると若干きつい。
・加速は悪い(おそらく燃費重視のセッティング)


まあ、こんなところでしょうか。
試乗した時の感想から、ほとんど変わったところはないので、やっぱり購入前のレンタカー試乗は良かったですね。

ポジティブな驚きは燃費ですね。まさか、19km/㍑が出るとは。

ネガティブな方は収納かなあ。
先のマーチは、隙あらば収納スペースを作ろうとしていたので、それと比べるとどうしても、ね。


概ね満足しておりますので、当面はお付き合いしていきたいと思っております。
[ 2014/03/03 20:44 ] 普通の日記 | TB(0) | CM(0)

映画感想「かぐや姫の物語」&「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」

あまりネタバレは入れないつもりですが、多少は物語の筋にも触れますので、お気を付け下さい。
しかし、一日で二作も映画観るなんて、人生初じゃないかなあ。


・かぐや姫の物語

予想以上に、竹取物語してた。

いや、私の竹取物語知識は、日本人の80%くらい(適当)と同程度のふんわりしたものなので、詳しい人からすると突っ込みどころも多いのかもしれませんが。

そして、予想以上に、ジブリ映画してました

快活な主人公、自然との共生、親子の愛……あージブリだわー、と思いながら、特に中盤は観ていました。
かぐや姫のお母さんは、特に良い味出してましたね。終盤は少しホロリときました。

最後は―ここはジブリ映画にしては珍しく―、ちょっとビターな感じがありますが、まあ原作がそうですしね。
物語の内容に触れてしまうので、あまり詳しくは語りませんが。

そういう意味では、大人向けのジブリ映画ですかね。
凄い名作かと言われると疑問ですが、良作ではありました。




あとどうでもいいんですが、脇役のパタリロ似の女童(リンク先根付参照)がすっげえ可愛かった。
仕事はあまりちゃんとしていないっぽいけど、ちょっと小狡いが気が効いて、作中で一番人間っぽいんですよね。そして、しっかりしている。
お婆さんが、大切な仕事を頼むのに彼女を選んだ理由が非常によく分かります。

最後も、あわやMVP持っていくくらいの大活躍だったしね。
エンディング後、彼女がどうなったのか、そこが気になるなあ。



・魔女っこ姉妹のヨヨとネネ

ほのぼのした作品だろうなあと予想していたところ、ほんとにほのぼのした作品でした。

最近は、精神的に重量級な映画(まどマギとか)が続いていたので、こういう心休まる作品は有難い。
ストーリーは真面目に検証すると突っ込みどころや説明不足な点が多そうな気がしますが、そういう細かいことは考えず、温かい気持ちになることだけを考えていた方が良い作品だと思います。

ビジュアルは大変綺麗なんですが、それ以外の感想にはちょっと困るかなあ。
まあ、ほのぼのしていて、構えずに見える温かい作品です。親子連れにもオススメ。


[ 2013/12/30 01:55 ] 普通の日記 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。